アンチエイジングの更年期障害最も良い方法は毎日“10練練習”であなたの古くて遅いことをさせて

歳月は老人に体を不可避て下り坂道を不可避て、しかし生活の中でよく“十練練”、これらの小さい変化は知らなくて知らず知らず知らず知らず中に老衰の足どりを鈍化します.十練はどの十練ですか.一起きてみようか.

Pは脳を練習して

練習しては脳は脳越まめ,更年期障害、脳は神経細胞間の連絡が多く、形成の条件反射も多くなり、頭はもっと柔軟に.ゆっくりリズム活動は認知障害の障害のある出現に役立ちます.専門家は、散歩、料理、掃除これらの簡単な活動が脳への影響は目覚ましく、長座不動の人が認知能力テストで毎年点数が下がって、勤しゆっくり活動の90  %を維持できる人も変わらない点数.

p脳は見えない、触らないけど、時々頭体操をしたり、活動をしたり.食事のとき、噛む語り掛ける多い数で、刺激頭部血の量が増え、脳供血量を保証、常に叩齿も同じ効果.

pは血管の練習

を練習して

保護心の脳血管は注意薄い飲食のほかに、必要なて血管運動して適量を避けるために、長居は動かないで、1時間に立って活動じゅう分、またはときどき足、足の下で小さな椅子、血管の圧力を軽減する.天気がだんだん寒くなる時、また血管の寒さに耐えて鍛えることができることができます.人は寒冷刺激を受けた後、皮膚と血管収縮、内臓と深部組織が大量に流入している.暖かい環境に入り、皮膚は適応し、血管が再び拡張、血液が内臓から体に流入している.これは1枚の収縮、全身血管が鍛えられることができます.

P练習口

Pは両手を练習て

練習して喬喬指運動は人を器用にするだけではなく、脳の反応も迅速に敏感です.いつもテレビを見る時、かまわなくどれだけ指を動かして、セットの簡単な指操:手を握りしめ、そして子供から次第に指を大きく伸ばして、小さいときから,もう順次内転の拳.そろばんを計算するためには、てきぱきとして、手でごった返したセーター、編み物、プラスチック製の花,針仕事をするなど.

「P呼吸は呼吸

練習<P>を練習する

练習呼吸がまず必要だ空気清浄な場所など緑地や林や川などの条件とはちょいちょい郊外の靑山碧水の間を鍛える.次に、リズミカルな深呼吸が増加することに役立って、肺活量、専門家のみんなに推薦する聞いてショート深い呼吸法のような花の香りをかぐのように深呼吸を外に出して、腹部の後、胸に上へと外拡張を最大限に.息を吐くときに唇を詰めて作呼び子を吹く状、ゆっくり吐き胸・腹が完全に締め.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です