一番美味更年期障害しいラーメン

彼は片親のお父さん、独自の扶養7歳の男の子.子供と遊んで傷つくたびに帰ってきて、彼は妻の逝去を殘して殘念、尤深い感じ、心だけが流れもの悲しい鸣.

これは彼の子供に殘して出張その日の出来事.

から列車で、朝食を食べない子供の相手をして、彼は急いで家を出る.途中子供を心配しているのではないかと食事が、泣いて、心はいつもほっとけない.出張先に辿り着いても、時々家に帰っても電話.子供はいつもとても賢明に彼は心配しないで.しかし心の中から気に不安がそこそここと、処置を終え、帰途につく.家に帰った時、子供はもう熟睡したが、彼はこれがほっとした.旅の疲れは、全身の力が抜けて.準備して就寝時、突然びっくり:布団の下にはなんと、1碗の顔をひっくり返した!この子!彼はかっとへ、熟睡中の息子はひとしきり痛打.なんでこんなにいい子じゃない、お父さんを怒らせて?あなたのようにいたずら、布団を汚して誰に洗いますか?

これは妻に死なれてから、初めて体罰子.

僕は……ドロー泣きじゃくる子供飲み込ん弁解:私は腕白で、この……これはお父さんの夕食を食べる.

元の子供に合わせてお父さんが家に帰ったとき、わざわざインスタントラーメンを2杯を浸し、1碗の自分を食べて、もう一杯お父さん.しかし怖いからお父さんのカップヌードルが冷めてから、布団の下に入れた保温.

父は聞いて、出ない一言にしがみついてコ?殘り半分碗の中でそれを見てもうふやけるのラーメン、あ、子供、これは世の中の最もおいしいラーメンだよ!

どんなに幼い子供、彼らの尊厳、親を悪くとった子供を発見して、彼らに言う:すみません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です