嘘をつく放し飼ovaい更年期障害娃

が放し飼い娃急いで彼の羊の村の外まで遠くに行って放牧.

彼はいつも嘘、冗談を言って、よく大声に村の人に助けを求める、と彼の羊が狼を襲う.から二三回、村の人にも慌てて走ってくる嘲笑されてすぐに、彼は後に、面白くて帰る.

後に、ある日、本当にオオカミが来た、逃げ込む羊の群れに咬み殺す.

おひつじ娃村に向かって必死に助けを呼ぶと、村の人は彼はまたいつものように嘘をついて、冗談を言って、もう彼を相手にしない.

の結果、彼の羊の全オオカミに食べられてしまった.

この物語について、あれらのよく嘘をついた人であっても、もう誰も信じること.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です