意外な保険にも順調にクレームできる7つの更年期障害ポイント

洪仲丘軍が殘酷な死で、台灣で消えたごじゅう長年の狂犬病は再現跡も、民衆に買った保険と関係がありますか?そう、この2つの意外による損傷や入院治療は、意外(ダメージ)担保、付加意外(傷害)医療保険が給付する範囲.

意外に危ないも保険学中のダメージ保険、保険人外来いきなり直接発生、しかも疾病による.しかし、他の生命保険と健康保険に比べて、意外に危なは以下の7項の特徴を持って、将来あなたは保険求償金の鍵になることができますかを形成することができます.

「保障範囲は非常に狭い、疾病による外来突発事件による死亡又は身体障害という.また,更年期障害、意外事故発生の180日間以内に死亡または身体障害、求償、クレームを得ることができる.

だから一般的な事故に見舞われ、火災、他人の謀殺……など、意外に危な保障の範囲で.

意外なリスクの保障範囲が狭く、保険料は自然に安いという.だから、普通のサラリーマンは意外にも、意外な保険保障が高く、一般的な生命保険の保障を無視している.しかし事実は意外保険そう遠くは一般生命保険低確率.

による行政院衛生署の統計データ、2011年国民の死因調査によると、毎じゅう万人の中ですべての死亡原因462.4人(死亡率は0.46%)が、意外事故者は29人(死亡率は0.029%).

以上からデータを理解することができて、民衆と決してだけ買って保障範囲は限ら意外死亡または全殘像の意外傷害保険、全く買わないあるいはだけ買って低い保障の一般生命保険(保障範囲は「病気や事故による死亡または全殘像).

だって,意外保険に予算は高くなく、かつ高いリスクが意外の人(たとえばよくオートバイ運転や出張のサラリーマンなど)、一時的に高い全体を保障金額の松に木柱も三年ではなく、最高の長い解決の道.(1)1)(表1)(1)(1)(1)

意外との定義は,一般民衆が想像する想定外ではない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です