男性更年期障害の食事療法

男性更年期障害は加齢男性性腺機能低下症候群が正式な名称で、LOH症候群とも言います。それが華麗に伴って男性ホルモンテストステロンの減少により、骨・関節・筋肉の痛み、発汗レビトラ、ほてり、睡眠障害、記憶・集中力の低下、肉体的消耗感、落胆、抑うつ、苛立ち、不安、神経過敏、生気消失、倦怠感、性欲低下、勃起障害、射精感の減退などの更年期症状が出ます。
男性更年期障害に罹てしまうと以下のような食事療法で改善できます。
男性更年期障害は、食生活や生活習慣を変えることで、症状が軽くなる場合もあります。食生活で心がけたいのは、肥満を解消することです。
男性更年期障害になると、肥満になりやすくなりますが、肥満自体も、男性ホルモンの「テストステロン」の働きを妨げるので、更年期障害の症状をさらに悪化させる要因になります。
肥満の解消には、何よりも食べ過ぎないこと。腹八分目を心がけるとともに、よく噛んでゆっくり食べる、ながら食いをしない、間食を控えるなど、太りやすい食事のスタイルを改めましょう。
また、納豆やオクラ、山芋、ナメコなどのネバネバ食品には、タンパク質を効率よく消化・吸収させる作用があるので、ホルモンの活性化に役立つと言われています。
これらの食材を積極的にとるようにしましょう。ただし栄養素とは、単独で作用するのではなく、すべての栄養素が体の中で充足して、初めてその効果を発揮するものです。ムチンさえ摂っておけば大丈夫というわけではないので、そのほかの栄養素も過不足なくとれるよう心がけてください。

☟漢方薬の情報

  • 威哥王の通販
  • バイアグラは一番最初に販売されたED治療薬なので、一番有名です。ED治療薬というと、まずバイアグラのようなイメージです。