男性更年期障害を聞いたことがありますか?

更年期障害といえば、一般的には女性の更年期障害のことイメージしますが、実は男性にも更年期障害があります。この男性の更年期障害は、「LOH症候群」ともいわれ、男性ホルモンである“テストステロン”が大きく影響しています。
加齢は男性更年期障害になる要因となります。 若い人ほどストレスの影響が強く、年齢が上がるにつれ性ホルモン低下による症状が前面に出てきやすいもので、男性ホルモンであるテストステロンは、20歳代をピークに減少します。減少のスピードが速いと更年期障害になりやすいとも言われていますが、はっきりしたことはわかっておらず、テストステロンの量と更年期障害の症状は 必ずしも相関しないとされています。
男性更年期障害主要な症状は
身体症状
疲労感、ほてり、発汗過多、頭痛、めまい、筋力低下、筋肉痛、下肢の冷え、骨密度の低下、頻尿、体毛減少など。
精神、心理症状
落胆、抑うつ、苛立ち、不安、神経過敏、生気消失、倦怠感

性機能関連症状
性欲低下、勃起障害、射精感の減退

また、仕事や趣味に対する意欲や気力がなくなる、といった症状もよくみられます。テストステロンは活力や積極性の源泉となるホルモンだけに、その減少が影響していると考えられています。

シアリスが36時間以上を持続することができて、勇猛のシアリスとも呼ばれています。