男性更年期障害を解消するため

何もやる気がない、朝の目覚めがスッキリしない、身体がだるいなど、憂うつな気分にとらわれているあなた、ひょっとしたら男性更年期障害かもしれません。女性だけの症状と思われがちな更年期障害ですが、実は男性にもあるのです。 男子更年期障害の原因となるテストステロンはそのものを増やすことができます。ぜひ実行してみましょう。
十分な睡眠を取る
十分な睡眠によってテストステロンを増加させることができます。睡眠時間を確保するほか、就寝前の1時間はパソコンやスマホの操作をやめるなど、良質な睡眠を心がけましょう。枕やマットレスにこだわってみるのもいいですよ。
食事の改善
男性のテストステロンの生成を補助するのが、ミネラルのひとつである亜鉛です。亜鉛が不足すると、精巣や前立腺の働きが悪くなり、疲れやすくもなります。 亜鉛を多く含む食品には、カキや魚介類、海藻類、ナッツ類、レバーなどがあります。 亜鉛は体内で吸収されにくい栄養素ですが、ビタミンCを一緒にとると効率よく吸収されます。
サプリメントなどでアリシンを摂取する
ニンニクや玉ねぎ、ニラ、ネギなど、匂いのきつい食べ物にアリシンが多く含まれています。最近は、アリシンが含まれたサプリメントもでていますので、積極的に摂取しましょう。また、アリシンは熱に弱いのですが、ビタミンB1を一緒にとると熱に強い物質に変化して効率よく摂取できると言われています。熱を加えると匂いも抑えられます。

レビトラは勃起を促進するのではなく、男性性機能の障害を改善し、正常の勃起を促し、自然の刺激で勃起するということです。