ED治療薬について

ED治療薬をもっと知りたい! 取り扱いには十分な注意が必要

ED治療薬の普及で格段に簡便になったED治療。とはいえ、薬によるもあればED治療薬の副作用もありますし、ED治療薬の服用が制限される場合も生じてきます。薬は医師の処方のもとに、飲み方や取り扱い方などをしっかり理解したうえで使用しましょう。

ED治療薬のメカニズム
勃起に必要なエネルギーを分解する酵素をブロックして、エネルギーをためるED治療薬

勃起は、目や耳から入った性的な刺激が脳にある性中枢を刺激し、仙髄の勃起中枢を介して陰茎の末梢神経に伝わり、陰茎海綿体にたくさんの血液が送り込まれて陰茎が硬く大きくなることで起こります。

このとき陰茎の中では、陰茎内の動脈や陰茎海綿体にエネルギーを与える物質、サイクリックGMPが増加します。このサイクリックGMPがどんどん増えることによって、勃起の状態は維持されます。そして性行為が終わると、サイクリックGMPを加水分解して後片付けをする、PDE‐5という酵素のはたらきによって、勃起は終了します。

ED治療薬は、PDE‐5のはたらきをブロックし、勃起のためのエネルギーであるサイクリックGMPをどんどん蓄積させます。これによって、陰茎内には勃起や性行為のためのエネルギーがたまっていき、勃起を進行させ、維持することができるのです 。また通常の勃起となんら変わりがなく、ED治療薬を飲んでいても性的な刺激がなければ勃起しません。

ED治療薬だけでは勃起しない?
勘違いしやすいのですが、ED治療薬は性欲を高めたりする催淫剤や精力剤ではありません。目や耳からの刺激が脳から勃起中枢に伝わるという、通常の勃起のメカニズムを経なければ効き目がないのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です